インプラント治療で失った歯
の機能を回復しませんか?

インプラント治療で失った歯の機能を回復しませんか?

インプラント治療とは、歯を失った部分に人工歯根(インプラント)を埋め込んで支台にして、歯の機能を回復するための治療です。インプラントがしっかり顎の骨に結合するのでグッと噛みしめられます。

上石神井駅から徒歩5分のご家族そろって通いやすい歯医者「上石神井たぐち歯科」では、歯科用CTやシミュレーションシステムを活用したインプラント治療に対応します。歯科の麻酔医とも連携して、安心で安全な治療のためにさまざまな工夫をしていますのでお気軽にご相談ください。

インプラント治療でお口の環境を整えましょう

インプラント治療でお口の
環境を整えましょう

インプラント治療は、お口の中に人工歯根を埋め込んで特殊な被せものや特殊な入れ歯を使って、失った歯の機能を補う治療法です。人工歯根を埋め込む、つまり加える治療です。まわりの歯を削ったり、まわりの歯にバネをかけたりして負担をかけることなく自立します。そしてインプラント治療で噛み合わせを整え、お口全体の環境を改善することが、お口の健康維持につながります。

歯がない状態を放置すると
リスクが生じます

「歯はたくさんあるので一本くらい失っても、たいしたことない」と思っていませんか?しかし歯は全体の28本でバランスを取っています。歯を失うとまわりの歯はそのすき間を埋めるように動きます。となりの歯は傾いて倒れていきますし、噛み合っていた歯は伸びてくるのです。

  • となりの歯が傾く

    となりの歯が傾く

  • 噛み合う歯が伸びてくる

    となりの歯が傾く

歯がない状態を放置するとリスクが生じます

さらに放置すると噛み合わせのバランスがくずれ、過度の負担がかかる部位が生じます。するとその歯がダメージを受け、お口のトラブルにつながり、そして噛む力にも影響し、咀嚼がうまくいかなくなることもあるのです。うまく噛めない状態が続くと、胃腸に大きな負担がかかります。また噛む回数が減ると脳への刺激や血流量が減ってしまい、思考能力や集中力が低下してしまいます。認知症につながる可能性も指摘されているのです。

安心・安全なインプラント治療のためにさまざまな取り組みをしています

外科手術をともなうインプラント治療に不安を抱いているかもしれませんが、当院では患者さまに安心してインプラント治療を受けていただけるようにさまざまな工夫をしています。

  • 歯科用CTを活用した診査診断を行います

    歯科用CTを活用した診査診断を行います

    顎の骨に人工歯根を埋め込むインプラント治療で大切なのは精密診断です。顎の骨の骨量や骨密度、神経の位置などの詳細情報を3D立体画像で得るために、当院では歯科用CTによる精密検査を行っています。

    CLICK
  • シミュレーションシステムを活用します

    シミュレーションシステムを活用します

    歯科用CTで得た詳細情報をもとにモニターに立体画像を構築し、治療をシミュレーションするシステム「シムプラント」を採用しています。どの位置にどのようにインプラントを埋入するかの治療計画を立案して、精密診療につなげています。

    CLICK
  • 衛生管理を徹底した個室診療室で治療します

    衛生管理を徹底した個室診療室で治療します

    インプラント治療に必要な人工歯根を埋め込む埋入手術を行うのは衛生管理を徹底したクリーンルームです。オペ(手術)ができる個室診療室にはさまざまな機材を設置して、安心の治療をご提供します。

    show
  • 症状に応じて麻酔医と連携します

    症状に応じて麻酔医と連携します

    インプラント治療の手術の際には麻酔をしますので、術中の痛みの心配はほとんどありません。それでも不安がある方には、うとうと半分眠ったようなリラックスした状態に導く「静脈内鎮静法」も費用と症状に応じてご提案します。

    CLICK