気になる歯の色や形を
白くしませんか?

気になる歯の色や形を白くしませんか?

保険診療で虫歯を治療すると金属素材の詰めものや被せものを使って削った歯の部分を補うことがあります。それらを補綴物(ほてつぶつ)といいますが、金属は白い歯列の中で黒ずんで見えて目立ってしまいます。また金属の影響で金属アレルギーを引き起こすこともあるのです。そのため上石神井駅から徒歩5分の歯医者「上石神井たぐち歯科」では金属を使用しない「メタルフリー診療」をおすすめしています。

銀歯は健康に悪影響を与える心配があります

銀歯は健康に悪影響を
与える心配があります

保険診療で装着する銀歯は、比較的安価に歯の機能回復ができますが、目立つので見た目がよくありません。そのうえお口の中は金属にとって過酷な環境なので、経年によりイオン化して溶け出し、体内に取り込まれると金属アレルギーの症状を発症するリスクがあります。原因不明の肌のかゆみやかぶれ、湿疹や偏頭痛はお口の中の金属が引き起こしているかもしれないのです。

銀歯は健康に悪影響を与える心配があります

保険診療でも白い詰めもの
ができます

軽度で小さな虫歯の段階で治療を受ければ、金属を使用せずに白い詰めものが使えます。その素材はレジン(歯科用プラスチック)です。保険診療なので比較的安価に治療できるうえ、歯を削る量が少ないのが特徴です。虫歯菌に汚染された部分だけを削り取ったあと、やわらかいレジンを詰めて削った部分を補います。そのあと特殊な光を当ててレジンを硬化させるのです。経年により変色することがあり、強度もあまり高くありませんが、定期的な歯科検診を受けてメインテナンスをすれば、銀歯のようには目立たない治療が可能です。

色や形にこだわる方にはセラミック素材をおすすめします

色や形にこだわる方には
セラミック素材を
おすすめ
します

保険診療のレジンが使えるのは小さな虫歯です。大きな虫歯の場合におすすめなのが、セラミック素材です。色調や透明感をまわりの歯に合わせられ、形の調整ができるので美しく仕上がります。セラミックはレジンにくらべ強度が高く、変色の心配もありません。また生体親和性が高いのでお口の中で安定します。

色や形にこだわる方にはセラミック素材をおすすめします

セラミックは天然歯よりも少し硬いので噛む力が強い方や、強い力がかかる部位にはおすすめできないこともあります。まわりの歯への影響も考慮して患者さまのお口全体の健康のためのご提案をいたしますのでご安心ください。

治療した歯を長持ちさせるためにメインテナンスを受けましょう

治療した歯を長持ちさせる
ために
メインテナンスを
受けましょう

メタルフリー診療で虫歯を治療して、それで終わりではありません。せっかく治療した歯も毎日のセルフケアや定期的なメインテナンスを怠ると、その歯やそのまわりの歯が虫歯や歯周病にかかってしまうかもしれません。するとお口全体の健康もおびやかされてしまいます。そうならないように、患者さまのお口の状態に合わせたメインテナンスプランを作成しますので、定期検診を積極的に受けてください。お口の健康維持をサポートいたします。